Teams 導入後の落とし穴。
テレワークでも生産性を下げない3つのポイント

 2021.04.28  Microsoft 365 チャンネル編集部

テレワークは多くの企業が継続する意向を示している一方で、生産性が下がる、企業が従業員を管理しにくい、という課題も顕在化しています。

本ウェビナーではこうした課題を解決するため、 Microsoft Teams や連携するサービスを活用して、社内情報の活用を進め、社員間のコミュニケーション・コラボレーションレベルや生産性を向上させるアプローチ方法を「ペーパーレス」「エンゲージメント」「リモートマネジメント」の3つの観点からご紹介します。
Teamsを活用してテレワークで生産性を上げたい方、Teams の更なる利活用にご関心のある方にも最適な内容です。

こんな方にオススメです。

  • 業務のデジタル化を進めてテレワークでも生産性を上げたい
  • 上司や部下にスムーズに意図が伝わらず、業務が進めづらくなっている
  • お互いの仕事の様子が見えず、進捗状況が分かりづらい
  • テレワークで Teams をより活用していきたい

※本ウェビナーは2020年11月に開催したウェビナーの再放送です。

開催日時

2021年5月18日 (火)16:00~16:45  

開催場所 オンライン
主催 ディスカバリーズ株式会社
参加費用 無料
対象者 顧客企業組織に対してソフトウェア、システムの提案をするお立場で営業、プリセールスを担当されている方には、参加をお断りする場合がございます。協業販売や販売手法のご相談に関しては、別途ディスカバリーズまでご連絡ください。
ご参加方法 お申し込み後に送信されるメール記載のウェビナーURLをクリックしてご参加ください。
ご用意いただくもの Microsoft Teams ライブイベント機能を使用して開催しますが、
Teams ライセンスや契約等は必要なく、Webブラウザからもご参加いただけます。
※スマホからの参加は Teams アプリが必要です。
プログラム内容 スピーカーからひと言

島田 祐一朗
ディスカバリーズ株式会社 代表取締役社長

Teams の活用支援に関するご相談をいただいておりますが、テレワークに対応するため、ただ Teams を導入しただけでは活用を進めていくことは難しい、という課題に直面されている企業様が多くいらっしゃいます。
今回は実際に弊社のフルリモートを支える Teams 活用のポイントと共に、テレワークの生産性を高めるアプローチをご紹介いたします。是非ご参加ください。
お問い合わせ 本セミナーに関するご質問は以下までお問い合わせください。
Email:events@discoveries.co.jp

サイト掲載へのお問い合わせ