今あらためて確認!
Microsoft Teams で外部コラボレーションをするメリットと注意点

 2022.07.13  Microsoft 365チャネル編集部

ニューノーマル時代だからこそ Teams で全ての業務をスマートにするデジタル化が必要です。従業員の様々な働き方に合わせたPower Platformのユースケースをご紹介いたします。またTeamsを利用する事で発生する様々なタスクを自動化し、セキュリティ強化を実現する方法を併せてご説明します。

開催日時 2022年7月25日 (月) 12:05-13:00
開催場所 オンライン開催
主催 AvePoint Japan
対象 どなたでもご参加いただけます。
参加費用 無料
参加方法 申し込み後、ご登録のメールアドレス宛に視聴URLをご案内します。
プログラム内容

「Teams 3年目の壁」シリーズ
コロナ禍により Microsoft Teams ユーザーが爆発的に増えて3年、今企業が課題として感じていることをシリーズ化してお届けします。

急遽リモートワークの環境を整えた企業からあがるのが「ファイルの組織外共有やゲストアクセスなどの外部コラボレーションをしたら、情報漏洩は大丈夫?」という不安の声です。

そのため外部コラボレーションを禁止にしている企業様もいらっしゃいますが、長引くコロナ禍でユーザーから外部コラボレーションの需要も増え、IT部門のプレッシャーになっているのではないでしょうか。
もしくは、外部コラボレーションを許可していてユーザーの利便性は高いものの、ゲストユーザーや匿名アクセス共有の管理が行き届いていない場合もあるかと思います。

本ウェビナーでは、今あらためて Teams を使った外部コラボレーションのメリットと注意点を確認し、不安の解消をお手伝いできればと思います。

お問い合わせ AvePoint Japan マーケティング部:Marketing_JPteam@avepoint.com

サイト掲載へのお問い合わせ